自動車事故の過失割合は誰が決めるのか?

自動車事故を起こすと、過失割合という言葉が
多く使われます。
その過失割合は誰が決めるのでしょうか?

自動車事故の過失割合は警察が決めるのですか?
という質問をよく頂きます。

警察が決めると思われてる方が多いかもしれませんが、
実は過失割合は警察が決めるものではありません。
過失割合は民事上の問題です。
民事不介入の原則があるので警察が決める問題では
ありません。


通常は事故の当事者双方が契約している保険会社に
よる話し合いによって過失割合を決定します。


それでは、過失割合は何を根拠に決められるのでしょうか?
それは、過去の判例です。

判例で保険会社の事故の担当者が参考にしている代表的な
ものとして判例タイムズ社の
別冊 判例タイムズ 16
       民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準

があります。

最終的に過失割合を決める際には、実際の事故に類似した
過去の裁判例を基準として、実際の事故状況を考慮して
過失割合を修正します。
(例えば、携帯で電話をしていた場合、過失割合+10%等)

被害者側に過失がある場合は、その割合によって賠償額が
減額されるます。これを過失相殺といいます。


クリックにご協力頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

No.298
関連記事

テーマ : 生命保険・損害保険
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

保険FP

Author:保険FP
生命保険、損害保険、社会保険、公的年金、資産運用など、人生100年時代を生きるためのヒントをFP(ファイナンシャル・プランナー)がご提供します!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
スポンサードリンク
フリーエリア
普通預金金利が0.12%になるクレジットカード!?

自動車保険 最大20社 一括見積
FC2カウンター
人気記事ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード