がん保険見直しの必要性

ご加入のがん保険はどのような保障内容かご存知でしょうか?

先日、保険金請求でご連絡頂いたお客様で「がんになったが
治療は通院のみ。保険金請求はできるか?」という内容の
お問い合せを頂きました。

その方のがん保険は古いタイプの商品で保障は入院と死亡保険金
だけでした。
通院治療のみでは保障の対象にはなりません。


その方には新しいがん保険等をお勧めはしていましたが、元気な
うちは興味を持たれませんでした。

今回のお問い合せ時に「あの時に見直しておいたら良かった」と
おっしゃいました。

もっとがん保険の見直しの必要性を強く訴えれば良かったと、
自分の力のなさに非常に胸が痛みました。


現在のがん治療は医療の進歩にともない、入院治療よりも
通院治療が増加傾向にあります。
 
手術によりがんを切除し、短期間入院し、その後は抗がん剤
治療や放射線治療をするという事例をいくつも見てきました。

抗がん剤治療や放射線治療は主に通院で行うことになるので、
入院しか保障のない古いがん保険では対応できません。


医療の進歩とともにがん保険も保障内容が変わってきています。
やはり定期的に保障内容の確認と見直しが必要になってくると
言えるでしょう。


がんは2人に1人がかかる病気だと言われています。
がんは他人事ではありません。

がんになってからでは保険の見直しは不可能です。
元気なうちに保障を見直すべきです。


是非一度がん保険の保障内容の確認をしてみてください。
よく分からなければプロに相談するのも1つの手です。

●保険マンモス
お客様満足度95%の無料保険相談です。
平均約8年の経験のあるFPに全国どこでも自宅やカフェで相談出来ます。

●保険ライフ
2分で簡単申込み。独立系FPに無料相談可能です。

●ファインドイット
無料の保険見直しセカンドオピニオンサービスがあります。


クリックにご協力頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

No.315
関連記事

テーマ : 生命保険・損害保険
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

保険FP

Author:保険FP
生命保険、損害保険、社会保険、公的年金、資産運用など、人生100年時代を生きるためのヒントをFP(ファイナンシャル・プランナー)がご提供します!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
スポンサードリンク
フリーエリア
普通預金金利が0.12%になるクレジットカード!?

自動車保険 最大20社 一括見積
FC2カウンター
人気記事ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード