盗難も1等級ダウン

日本損害保険協会では、自動車盗難事故の実態調査結果を
公表しています。

2013年度 自動車盗難事故実態調査結果

調査結果には、車両本体の盗難と車上ねらいの事故状況や
保険金支払い状況が載っています。

実態調査の結果をみると、車上ねらいで被害が多いのは
カーナビです。
年々被害割合は下がっているとはいえ、被害全体の26.4%です。


飛び石の事故は1等級ダウン』の記事でご紹介しましたが、
盗難による車両保険の使用も1等級ダウンとなります。

カバン等を車中に置いておいて、ガラスを割られて盗難されると、
たとえ、カバンに貴重品が入っていなくてもガラスは修理する
必要があります。

その修理に車両保険を使用すれば、次年度の契約は1等級ダンウン
となります。
次年度の契約が1等級ダンウンして7等級以上であれば、事故有の
割増引きが適用されます。


実態調査の中には、被害にあった時間帯や車名別の盗難状況等が
載っています。
上記の実態調査を参考に被害に遭わないようお気を付け下さい。


クリックにご協力頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

No.329
関連記事

テーマ : 生命保険・損害保険
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

保険FP

Author:保険FP
生命保険、損害保険、社会保険、公的年金、資産運用など、人生100年時代を生きるためのヒントをFP(ファイナンシャル・プランナー)がご提供します!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
スポンサードリンク
フリーエリア
普通預金金利が0.12%になるクレジットカード!?

自動車保険 最大20社 一括見積
FC2カウンター
人気記事ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード