TSマークの自転車保険の補償額が上がるが・・・

以前の記事『自転車保険はTSマークの補償で充分か?
でご紹介したTSマークの自転車保険の補償額が平成26年
(2014年)10月1日より変わります。

TS(TRAFFIC SAFETY)マークとは、自転車安全整備店
で 購入または点検整備を行い、基準に合格した自転車に
貼ら れるものです。

TSマークには、青色TSマークと赤色TSマークの2種類
があり、付帯される保険の補償額が異なります。


補償額が変わるのは赤色TSマークの賠償責任保険部分です。
それぞれの補償額と変更点を確認したいと思います。


1.TSマークの補償内容、補償額


 1)傷害補償

種別死亡若しくは
重度後遺障害(1~4級)
入院(15日以上)
青色TSマーク30万円(一律)1万円(一律)
赤色TSマーク100万円(一律)10万円(一律)
傷害補償は赤色、青色TSマークとも変更はありません。

 2)賠償責任補償 (限度額)

種別死亡若しくは
重度後遺障害(1~7級)
青色TSマーク1,000万円
赤色TSマーク2,000万円⇒5,000万円
賠償は赤色TSマークが限度額5,000万円に引上げられます。

 3)被害者見舞金(新設)

種別入院15日以上
赤色TSマーク10万円(一律)
被害者見舞金は赤色TSマークのみに新設されます。


さて、TSマークの補償ではちょっと心もとないという内容を
自転車保険はTSマークの補償で充分か?』で書きました。
今回、補償額が引き上げられましたが、それでもTSマークの
補償ではちょっと心もとない気がします。



2.もっと高額な賠償事例がある

 最近の自転車事故の賠償事例で考えるとTSマークの
 賠償責任補償の限度額5,000万円を超える賠償事例が
 あります。

 相手のケガの補償も新設されましたが、入院15日以上
 で一律10万円では少なすぎます。
 ケガだけでも治療費、慰謝料等を考えると入院15日以上
 で10万円で済む事例は相当少ないのではないでしょうか。



3.対物賠償がない

 対物賠償がないのも理解できません。

 相手が高級な腕時計をしていてそれを壊した場合等、
 100万くらいの請求をされる可能性もあります。
 また、停まっている高級車に当たってしまった等で高額
 な対物賠償額を請求される可能性もあります。


 

4.示談交渉サービスがない

 TSマークの賠償責任補償には示談交渉サービスが
 ないようです。
 
 自動車保険のように示談交渉サービスが付いていな
 ければ、被害者との交渉は直接しなければなりません。

 被害者との直接交渉は、一般の方には非常に難しいですし、
 大きなストレスがかかります。



まとめ

 上記の内容から考えると、自動車保険や火災保険に加入
 しているのであれば、特約の個人賠償責任補償特約を
 付帯することをお勧めします。

 特にお勧めなのが、自動車保険の特約です。
 自動車保険の特約であれば、多くの保険会社が補償額は
 無制限、示談交渉サービスもついています。
 特約の保険料は1,500円程度です。

 自動車保険や火災保険に加入していなければ、補償額が
 大きく、示談交渉サービスが付いている自転車保険に加入
 することを検討されるといいでしょう。

 例えば、au損保の自転車保険「あうて ケガの保険Bycle」は、
 補償額は最大1億示談交渉サービスもついています。
 
 
自転車保険については、下記記事もご参照下さい。
自転車保険に加入する前に
個人賠償責任保険とは?


クリックにご協力頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

No.367
関連記事

テーマ : 生命保険・損害保険
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

保険FP

Author:保険FP
生命保険、損害保険、社会保険、公的年金、資産運用など、人生100年時代を生きるためのヒントをFP(ファイナンシャル・プランナー)がご提供します!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
スポンサードリンク
フリーエリア
普通預金金利が0.12%になるクレジットカード!?

自動車保険 最大20社 一括見積
FC2カウンター
人気記事ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード