地震保険2~3割値上げへ

政府と損害保険各社は来秋以降に地震保険の保険料を
段階的に値上げする方向で調整していると、先日、日経が
報じました。



1.引き上げの背景

  政府は13年3月に南海トラフ地震の発生時に220兆円
  の経済被害が生じると試算しました。

  また、昨年末に首都圏直下地震の発生規模の想定を
  引き上げました。

  東日本大震災では1兆2,000億円を超す保険金支払いが
  発生しましたが、首都圏直下型地震では保険金支払い
  が3兆1,000億円達すると想定され、大きな規模の負担が
  発生すれば、地震保険制度が揺らぎかねない状態です。

  地震保険は昨年7月にも値上げしましたが、上記被害想定
  を踏まえ、再値上げの必要性が出てきたようです。



2.引き上げ幅

  地震保険は昨年7月にも全国平均で15.5%の過去
  最大の値上げを実施しました。
  『地震保険15%値上げへ
  『地震保険料 平均15.5%上げへ

  今回はその値上げ幅を上回り、引き上げ幅は全国
  平均で2~3割程度になる見通しです。

  値上げ幅が大きいため、地震保険加入者の負担感を
  考慮して数年かけて段階的に引き上げる方向で調整
  しています。



3.値上げ時期

  損保各社でつくる損害保険料率算出機構が6月にも
  値上げを金融庁に届け出るようです。
  
  早ければ2016年秋の新規契約分から適用される予定
  です。

  

4.損害区分の見直し

  損害区分を現在の3区分から4区分に改めます。
  半損を2つに分けるなどして新たな区分を設ける予定
  のようです。

  
認定区分支払保険金
一部損保険金額の5%
半損保険金額の50%
全損保険金額の100%


  現行基準だと半損と一部損で支払われる保険金に
  大きな差があるなど補償内容をめぐり保険契約者
  から不満が出ていました。

  確かに一部損で5%、半損で50%と、45%の開き
  があるので、非常に大きい差です。
  この間に25%くらいの認定区分があってもいいと
  思います。



まとめ

段階的に保険料を引き上げるといっても家計には大きな
負担であることは間違いありません。

今後、値上げ幅の詳細等が分かれば、ご紹介します。


クリックにご協力頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

No.431
関連記事

テーマ : 生命保険・損害保険
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

保険FP

Author:保険FP
生命保険、損害保険、社会保険、公的年金、資産運用など、人生100年時代を生きるためのヒントをFP(ファイナンシャル・プランナー)がご提供します!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
スポンサードリンク
フリーエリア
普通預金金利が0.12%になるクレジットカード!?

自動車保険 最大20社 一括見積
FC2カウンター
人気記事ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード