日本生命が一時払終身保険を再値上げ(平成27年7月から)

日本生命が7月契約から一時払い終身保険を再値上げ
します。現行と比べ1~5%程度の値上げになります。


1.予定利率0.75%へ

  平成27年7月より標準利率が引き下げられること等を
  踏まえ、平成27年7月1日以降契約の一時払終身保険
  の予定利率を引き下げます。

  現行:0.85% ⇒ 改定後0.75%(▲0.1%

  予定利率が引き下げられることにより、保険料は引き
  上げになります。

  予定利率が下がると保険料が上がる仕組みについて
  の詳細は下記記事を参照ください。  
  『一時払い終身保険に加入するなら今?



2.今年3回目の予定利率下げ

  冒頭に再値上げと書きましたが、実はニッセイの一時払
  終身保険予定の利率引き下げは今年3回目です。

  2015年2月1日
     1%⇒0.95%(△0.05%)

  2015年4月1日
     0.95%⇒0.85%(△0.1%)

  2015年7月1日
     0.85%⇒0.75%(△0.1%)

  つまり、今年3回目の一時払終身保険の値上げに
  なります。



3.予定利率1%時との比較

  予定利率が1%時の一時払終身保険の保険料と
  予定利率が0.75%時の保険料を比較してみました。

  商品:一時払終身
  死亡保険金:1,000万円

 【男性 ~2015年1月31日まで(予定利率1%)】 
契約
年齢
一時払保険料10年後
解約払戻金
返戻率
30歳7,157,800円744.5万円104.0%
35歳7,396,600円770.0万円104.1%
40歳7,644,600円795.9万円104.1%
45歳7,899,600円821.9万円104.0%
50歳8,158,600円847.9万円103.9%
55歳8,418,700円873.8万円103.8%
60歳8,679,200円898.4万円103.5%
65歳8,937,900円921.3万円103.0%
70歳9,184,100円941.7万円102.5%
                 ⇓
 【男性 2015年7月1日~(予定利率0.75%)】 
契約
年齢
一時払保険料10年後
解約払戻金
返戻率
30歳7,980,900円815.5万円102.1%
35歳8,165,300円834.7万円102.2%
40歳8,354,800円854.1万円102.2%
45歳8,547,300円873.3万円102.1%
50歳8,740,900円892.4万円102.1%
55歳8,933,300円911.2万円102.0%
60歳9,124,100円928.9万円101.8%
65歳9,311,800円945.2万円101.5%
70歳9,488,800円959.7万円101.1%



 【女性 ~2015年1月31日まで(予定利率1%)】 
契約
年齢
一時払保険料10年後
解約払戻金
返戻率
30歳6,852,900円711.6万円103.8%
35歳7,080,200円736.1万円103.9%
40歳7,316,000円761.2万円104.0%
45歳7,560,600円786.9万円104.0%
50歳7,811,700円813.5万円104.1%
55歳8,068,500円840.7万円104.2%
60歳8,334,500円868.1万円104.1%
65歳8,607,400円895.1万円103.9%
70歳8,881,400円920.5万円103.6%
                 ⇓
 【女性 2015年7月1日~(予定利率0.75%)】 
契約
年齢
一時払保険料10年後
解約払戻金
返戻率
30歳7,743,200円790.4万円102.0%
35歳7,921,500円809.2万円102.1%
40歳8,104,400円828.2万円102.1%
45歳8,291,900円847.5万円102.2%
50歳8,482,300円867.2万円102.2%
55歳8,675,100円887.3万円102.2%
60歳8,872,500円907.2万円102.2%
65歳9,072,700円926.6万円102.1%
70歳9,271,800円944.7万円101.8%


30歳男性で比較すると予定利率1%時に比べて予定利率
が0.75%に引き下げられると保険料が約82万円の値上げに
なります。

保険料が上がったことにより10年後の解約返戻金も増え
ますが、解約返戻率で比較すると100.4%から102.1%と
約2%のダウンとなります。

  ※解約返戻率=解約返戻金÷払込保険料累計



まとめ

貯蓄性が高く、運用商品として人気があった一時払終身
保険ですが、ここまで予定利率が引き下げられると運用
商品としての魅力は非常に薄くなります。

しかし、一時払終身保険は相続対策には非常に有効に
使えるという側面があります。

相続対策への活用方法についても今後、当ブログで
ご紹介していきたいと思います。


クリックにご協力頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

No.437
関連記事

テーマ : 生命保険・損害保険
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

保険FP

Author:保険FP
生命保険、損害保険、社会保険、公的年金、資産運用など、人生100年時代を生きるためのヒントをFP(ファイナンシャル・プランナー)がご提供します!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
スポンサードリンク
フリーエリア
普通預金金利が0.12%になるクレジットカード!?

自動車保険 最大20社 一括見積
FC2カウンター
人気記事ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード