地震保険の総支払限度額引上げ

地震保険の総支払限度額が引き上げられました。
地震保険の保険金は、保険金の支払いが総支払限度額を
超えた場合、一定の割合で削減されることがあることをご
存知でしょうか。

今回は総支払限度額の引き上げについてご紹介します。


1.総支払限度額の引き上げ額

  総支払い限度額が7兆年から11兆3,000億円へ引上げ
  られました。



2.改定日

  2016年4月1日より引き上げられています。



3.総支払限度額とは?

  地震災害は巨額の保険金支払をもたらす可能性がある
  ため、地震保険では保険責任の大半を政府が再保険に
  より引受けています。

  しかし、政府といえども無限に責任を負うことはできない
  ため、1回の地震等における保険会社責任部分も含めた
  保険金の支払限度額が定められていています。

  この限度額を総支払限度額といいます。支払限度額を
  超えた場合、一定の割合で保険金が削減されることが
  あります。

  「地震保険に関する法律」には支払保険金の総額が
  支払限度額を超えた場合、その支払うへき保険金を
  削減できる旨が規定されています。

  

4.総支払限度額引き上げの背景

  地震保険の総支払限度額は、関東大震災クラスの震災が
  発生した場合でも、保険金の総額がこの額を超えることが
  ないように 設定されており、適宜、見直しが行われてい
  ます。

  前回は、2014(平成26)年4月1日より総支払限度額が6兆
  2,000億円から7兆円に引き上げられました。

  今回の引き上げは、政府の調査機関である地震調査研究
  推進本部が2014年12月に震源モデルの見直しを公表した
  ことに加え、今後の加入者増に備えるために決定されました。
  (2016年度政府予算の成立を受けて、2016年4月1日に地震
  保険法施行令・施行規則が改正されました)


クリックにご協力頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

No.507
関連記事

テーマ : 生命保険・損害保険
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

保険FP

Author:保険FP
生命保険、損害保険、社会保険、公的年金、資産運用など、人生100年時代を生きるためのヒントをFP(ファイナンシャル・プランナー)がご提供します!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
スポンサードリンク
フリーエリア
普通預金金利が0.12%になるクレジットカード!?

自動車保険 最大20社 一括見積
FC2カウンター
人気記事ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード