男女とも平均寿命が過去最高に

先日、日本人の平均寿命は男女とも過去最高を更新したとの
新聞報道がありました。

長生きになるということは有りがたいことですが、その反面、
医療費等の問題も発生します。今後は益々老後への備えが
必要になるでしょう。


1.日本人の平均寿命

  厚生労働省の調査によると2015年の日本人の平均寿命は
  女性87.05歳、男性80.79歳でともに過去最高を更新しました。

  世界では女性が香港に次ぐ2位、男性は4位となっています。
  昨年と比べると、女性が1位から2位に、男性が3位から4位
  に順位を落としています。

  厚生労働省は「医療技術の進歩などで平均寿命はまだ延びる
  余地がある」とみています。



2.健康寿命の問題

  寿命が延びて長生きになることは素晴らしいことではあります
  が、寿命まで健康でいられるという保証はありません。

  「健康寿命」とは、健康上の問題で日常生活が制限されること
  なく生活できる期間とされていますが、実際に健康寿命と平均
  寿命の間には男女とも約10歳前後の差が発生しています。
  つまり、寿命を迎える約10年前からは、健康上の問題で日常
  生活が制限されるということになります。



3.医療費の問題

  上記の健康寿命と平均寿命との差が広がると、医療費は
  増えていくことになります。高齢者が増えていることと、
  医療技術の進歩により、医療費は高騰しています。
  実際に2013年度の国民医療費は40兆円を突破しています。
  年1兆円のペースで伸び続けています。
 
  今後は、健康で長生きできるようにすることが重要で、病気
  にならないための予防も大切になります。



4.自助努力が必要

  病気にならないための予防は大切なのですが、どんなに
  予防しても老化に伴い、何らかの病気になるリスクは高まり
  ます。

  今後、日本全体で考えると、平均寿命が延びて高齢化が
  進む場合、医療費高騰の問題は避けては通れない問題
  になります。現状の社会保険制度が維持できるのかも
  心配になってきます。

  高齢化がこのまま進行すると、年金制度や公的医療保険
  制度の負担(保険料)は上がり、逆に給付は下がっていく
  可能性があります。

  健康維持に対する考え方も重要ですが、同時に何かあった
  時のための備えもまた重要になってきます。健康面で問題が
  発生した時の備えの1つが保険への加入です。

  今後は自助努力の1つである保険での備え如何で受けられる
  医療の質が変わってくる可能性があります。



まとめ

自助努力の1つである保険の保障内容に不安を感じている方は、
プロであるFP(ファイナンシャル・プランナー)に相談されては
いかがでしょうか?


クリックにご協力頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

No.527
関連記事

テーマ : 生命保険・損害保険
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

保険FP

Author:保険FP
生命保険、損害保険、社会保険、公的年金、資産運用など、人生100年時代を生きるためのヒントをFP(ファイナンシャル・プランナー)がご提供します!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
スポンサードリンク
フリーエリア
普通預金金利が0.12%になるクレジットカード!?

自動車保険 最大20社 一括見積
FC2カウンター
人気記事ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード