ドルコスト平均法とは?

株式投資を始めようと思うが、どの株を買ったらいいかわから
ない、どのタイミングで買ったらいいかわからないという方も
多いと思います。

投資を初めても今日は、この株が上がりそう、あの株が下がり
そう・・・。そういう予想を立てて、全く予想とは逆の動きになる・・・。
こんなことを毎日、続けるのは非常にストレスではないでしょうか?

更に、仕事の合間に株価や為替をチェック、自分の考え通りに
相場が動いていないとテンションが下がり、仕事に影響が出る
可能性もあります。

そんなことから解放される投資手法があります。それが、ドル・
コスト平均法です。

今回は、ドル・コスト平均法の特徴とメリット、デメリットについて
解説します。


1.ドル・コスト平均法とは?

  ドル・コスト平均法とは、株、投資信託等の金融商品を
  一度に購入するのではなく、一定期間に定額ずつ購入
  する投資手法で、定額購入法ともいいます。

  たとえば、毎月同じ日に、2万円ずつ、投信信託を購入
  するという手法です。1口5,000円の場合は4口購入し、
  1口10,000円の場合は2口購入という形です。

  常に株価等は変動していますので、売買のタイミングに
  よっては、高値で購入してしまうリスクがあります。
  そこで、売買のタイミングを分散することにより、高値掴み
  のリスクを避けることができます。

  価格が高い時は購入数量が少なく、安い時には多くなる
  ことで、平均取得単価が安くなる手法です。

  毎月(定期的に)一定の数量ずつ購入する場合よりも有利
  になると言われています。



2.定額購入との定量購入との比較

  一定期間に一定額を購入するドル・コスト平均法と一定期間
  に一定量を購入する方法を比較してみたいと思います。
ドル・コスト平均法

  上記事例では、ドル・コスト平均法の平均買付単価が、
  約888円、毎月一定量ずつ購入する方法の平均買付
  単価が1,125円と、ドル・コスト平均法の方が安く買付
  できたことが分かります。

  

3.日々の価格変動に一喜一憂しない?

  投資をする上で一番のネックになることは、投資商品の
  価格が日々変動することではないでしょうか?自分が
  投資した商品が一本調子で値上がりすればいいですが、
  常に思い通りにはいきません。

  投資をしていれば、大きな下げを経験することもあります。

  投資初心者は、この価格変動が大きなストレスになると
  思います。大切な資産を少しも減らしたくない。誰もが
  考えることです。

  そのストレスを軽減してくれるのがドル・コスト平均法です。

  淡々と、一定期間ごとに一定金額ごとを購入していく。
  投資初心者にはいい手法だと思います。



4.ドル・コスト平均法は万能ではない?

  ドル・コスト平均法は、リスクを低減する方法といわれて
  いますが、どんな局面でも万能な投資手法ではありません。

  つまり、ドル・コスト平均法は必ず儲かるという手法では
  ありません。ドル・コスト平均法が不利になる相場があり
  ます。

  この世の中に必ずはありません。必ず儲かると言う人や
  手法は怪しいと思ってもらった方がいいでしょう。

  一本調子で上げいている相場の場合は、ドル・コスト
  平均法では、かえって買い単価が上がってしまい、不利
  になります。

  また、右肩下がりで下げている相場の時にもドル・コスト
  平均法は不利になります。

  尚、ドル・コスト平均法は、買付の回数が多くなるので、買付
  コスト(手数料)が、一度に買付をするより割高になるという
  デメリットもあります。つまり、買付ごとに手数料がかかるので、
  一度で買付れば一回しかかからない手数料が、買付ごとに
  必要になってしまいます。

  デメリットもあるドル・コスト平均法ですが、投資初心者には
  投資を始めるきっかけとして良い手法ではないかと思い
  ます。



まとめ

上記の通り、ドル・コスト平均法は決して万能な投資手法では
ないことをご理解下さい。

しかし、ドル・コスト平均法には、投資初心者が陥りがちな日々
の価格変動に一喜一憂するというストレスを軽減してくれる
大きなメリットがあります。

投資初心者が投資に慣れるのには良い手法だと思いますが、
投資に慣れてくれば、ドル・コスト平均法にとらわれる必要は
ないので、色々な投資手法を研究して頂ければと思います。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2686846212858187"
data-ad-slot="7298673541"
data-ad-format="auto">



No.570
関連記事

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
スポンサードリンク
プロフィール

保険FP

Author:保険FP
生命保険、損害保険、社会保険、公的年金、資産運用など、人生100年時代を生きるためのヒントをFP(ファイナンシャル・プランナー)がご提供します!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
スポンサードリンク
フリーエリア
普通預金金利が0.12%になるクレジットカード!?

自動車保険 最大20社 一括見積
FC2カウンター
人気記事ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード