最低限押さえておきたい投資指標

株式で資産運用する際に最低限押さえておきたい投資指標が
いくつかあります。

投資先の分析をせずに投資をすると痛い目に遭う可能性が
あります。例えば、インカムゲインを狙う場合に、配当利回り
だけに気を取られていると、肝心の会社の収益が落ち、減配、
最悪は無配に陥る可能性もあるわけです。

優待を目的とした投資も優待ばかりに注目してしまうと、投資
した元本を減らしてしまうことになる可能性があります。

今回は、株式投資をする際に最低限押さえておくべき指標に
ついてご紹介します。


1.PER(株価収益率)とは?

  株価収益率(Price Earnings Ratio)とは、株価が1株
  あたりの利益の何倍まで買われているかを表す指標
  です。
  
  例えば、1株あたりの利益が20円、株価が200円の場合、
  PERは、10倍ということになります。

  「PRE=株価÷1株当り利益(EPS)

  PERには、何倍だと割高、割安という決まった基準はありま
  せん。一般的には、市場平均との比較や同業他社との
  比較で割高か割安かを判断する場合が多いです。

  また、これから成長するような企業については、PERが高く
  なる傾向があります。

  日経平均のPER等は下記のページから確認できます。
  『国内の株式指標(日本経済新聞)


2.PBR(株価純資産倍率)

  株価純資産倍率(Price Book-Value Ratio)とは、株価が
  1株あたりの純資産に対して何倍まで買われているかを
  表す指標です。

  株価が企業の資産価値(解散価値)に対して割高か割安か
  を判断する目安として利用できます。

  例えば、1株あたりの純資産が200円で株価が200円で
  あれば、PBRは1倍ということになります。

  「PBR=株価÷1株当り純資産(BPS)

  株主には、株式会社が解散した際、持ち株数に応じて
  残された会社の資産を分配してもらう権利があります。
  PBRが1倍ということは、株価と1株当たりの純資産が
  等しい状態で、仮に会社が解散しても投資した株価と
  同額がそのまま返ってくることになります。

  つまり、PBRが1倍を下回っているということは、株価が
  企業の解散価値を下回っているので、割安に放置され
  ていると判断する1つの目安となります。


3.ROE(株主資本利益率)とは?

  ROE(Return On Equity)とは、株主資本(自己資本)を
  ベースに、どれだけの利益(当期純利益)をあげたかを
  表す指標です。

  株主資本をどれだけ効率的に使用し、利益を挙げたかを
  判断する指標です。

  「ROE=1株当り利益÷1株当り純資産×100

  ROEは欧米ではかなり重視される投資指標で、日本でも
  最近は注目されています。


4.配当利回りとは?

  配当利回りとは、1株当りの年間配当金の株価(投資金額)
  に対する利回りをいいます。

  例えば、株価が500円、配当が5円であれば、配当利回りは
  1%(5円÷500円)となります。

  「配当利回り(%)=1株当りの年間配当金÷株価×100

  配当利回りは、確定利回りではないという点には注意が必要
  です。業績が悪化して、配当が減らされることもあります。

  無配になるリスクもあります。配当利回りばかりに注目する
  のは危険なので、その他の指標も参考にしながらがら減配
  リスクが小さい銘柄を選ぶようにする必要があります。


5.配当性向とは?

  会社が稼いだ税引き後の利益(当期純利益)のうち、どれ
  だけ配当金として支払ったかの割合をいいます。
  配当性向を確認すれば、企業が1年間で稼いだお金から
  どれだけ配当金として株主に還元しているかが分かります。
  例えば、100億円の利益に対して配当総額が20億円であれば、
  配当性向は20%となります。

  「配当性向(%)=1株当り配当金÷1株当り当期純利益×100

  「配当性向」が高いから良い企業だという短絡的な考え方は
  危険です。企業の中には、配当するのではなく、利益を設備
  投資や研究開発費に回そうと考えるところもあります。

  設備投資や研究開発費へお金を回すことにより、利益を
  出す体質になれば、企業価値が上がり、株価も上がります。
  株価を上げることは、株主へ報いる1つの方法です。

  ただし、配当を出さず、設備投資等に利益を回す企業に
  投資をする場合には、キャピタルゲインしか狙えません。
  インカムゲインを狙いながらキャピタルゲインを狙うので
  あれば、配当を出す企業を選ぶ必要があります。
  『キャピタルゲインとインカムゲインとは?


まとめ

株式の投資指標にはどれか1つだけで事足りるような絶対的
な指標はありません。よって、上記のような複数の指標を上手
に使って、投資対象となる銘柄を選んで頂ければと思います。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2686846212858187"
data-ad-slot="7298673541"
data-ad-format="auto">



No.573
関連記事

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

保険FP

Author:保険FP
生命保険、損害保険、社会保険、公的年金、資産運用など、人生100年時代を生きるためのヒントをFP(ファイナンシャル・プランナー)がご提供します!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
スポンサードリンク
フリーエリア
普通預金金利が0.12%になるクレジットカード!?

自動車保険 最大20社 一括見積
FC2カウンター
人気記事ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード