レバレッジとは

資産運用に興味がある方であれば、「レバレッジ」という言葉を
一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか?

しかし、実際には「レバレッジ」がどのようなものかを詳しく知ら
ないという方も多いと思います。

今回は、「レバレッジ」について解説します。


1.レバレッジとは?

レバレッジとは、少額の資金で大きな金額の取引を可能にする
しくみのことです。

株式の信用取引やFX(外国為替証拠金取引)では、レバレッジを
効かせた取引が可能です。

レバレッジは「てこの原理」とも呼ばれています。小さな金額で
大きな金額を動かせることを意味します。

資金が10万円であれば、通常は10万円分の売買しかできま
せん。しかし、FXの場合、レバレッジ10倍にすれば、100万円
までの売買が可能になります。つまり、資金の10倍の取引が
可能となります。

手元の資金の何倍もの売買ができるのが、レバレッジの特徴
です。


2.利益も大きいが、損失も大きくなる

レバレッジを効かせると、利益が大きくなります。

たとえば、FX(外国為替証拠金取引)で10万円の証拠金が
あれば、レバレッジ10倍で、100万円の取引ができます。

レバレッジをかけなければ1万円の為替差益が発生する
場合、レバレッジ10倍であれば10万円の利益に膨らみます。

ただし、利益が大きくなる反面、損失も大きくなる点に注意が
必要です。

上記レバレッジ10倍の場合、レバレッジをかけなければ2万円
の為替差損だった場合、レバレッジ10倍であれば20万円の
損失に膨らみます。

手元資金が10万円なので、20万円の損失であれば、損失が
元金を超えています。つまり、レバレッジを掛けた取引では、
手元資金を超えて損失が発生する可能性もあります。


3.ロスカットとは?

上記の通り、レバレッジを掛けた取引では大きな損失を被る
可能性があります。

よって、例えば、FXには損失が大きくなり過ぎないようにロス
カットという仕組みがあります。

ロスカットとは、ある一定の損失が発生した際に、それ以上
損失が拡大しないよう強制的に取引を終了させるルールです。

ロスカットが行われると、自動的に保有しているポジションが
全て決済されます。ロスカットにより、基本的には手元資金
以上の損失は発生しないような仕組みとなっています。

ただし、為替レートが急激に変動した場合には、本来のロス
カットの水準から大きく離れて実行されることがあります。
その場合には、預け入れた証拠金以上の損失が発生する
ことがあります。


まとめ

レバレッジ取引はもろ刃の剣です。

リターンが大きくなる可能性もありますが、その分、損失が
大きくなるというリスクも大きくなります。つまり、ハイリスク・
ハイリターンです。

手元資金以上の損失を被る可能性もありますので、特に
初心者の方はレバレッジの倍率を高くし過ぎないように
ご注意ください。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2686846212858187"
data-ad-slot="7298673541"
data-ad-format="auto">



No.579
関連記事

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

保険FP

Author:保険FP
生命保険、損害保険、社会保険、公的年金、資産運用など、人生100年時代を生きるためのヒントをFP(ファイナンシャル・プランナー)がご提供します!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
スポンサードリンク
フリーエリア
普通預金金利が0.12%になるクレジットカード!?

自動車保険 最大20社 一括見積
FC2カウンター
人気記事ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード