1つのかごにいれるな

『1つのカゴに卵を盛るな』とういう投資の格言をご存知で
しょうか?非常に有名な格言で、資産運用をする際には、
常に頭に入れておいた方がいい格言です。

この格言は、どのような意味で、どのように生かしたら
いいのでしょうか。


1.資産分散

『1つのカゴに卵を盛るな』とは、割れやすい卵を一つのカゴに
入れると、そのカゴを落とした場合、卵が全部割れてしまうかも
しれない。

しかし、卵を複数のカゴに分けて入れておけば、そのうちの一つ
のカゴを落としてカゴの卵が割れてしまったとしても、他のカゴの
卵は影響を受けずにすみ、大きな損失を回避できるという有名な
投資の格言です。

特定の金融商品に資金を集中すると、その金融商品が値下がり
した場合、大きな損失を被ります。

特定の金融商品だけに投資を集中させず、複数の金融商品に
投資を行い、資金を分散させて投資した方がリスクを小さくする
効果が期待できます。


2.時間分散

資金の分散と同様に時間の分散という方法もあります。

例えば、株式投資の場合、1つの銘柄に一時に資金を投入
するのではなく、投資するタイミングを分散する方法があり
ます。

一気に資金を投入してしまうと、その後、その銘柄が大きく
値下がりした場合、大きな損失を被る可能性があります。

投資するタイミングをずらすことにより、高ね掴みをして
しまうリスクを軽減することが可能です。

時間の分散で有名な方法がドルコスト平均法です。
ドルコスト平均法を利用すると時間分散が可能です。
ドルコスト平均法とは?


まとめ

全ての資産を1つの金融商品に一気に投入するという投資
方法はギャンブル的要素があります。

投資した金融商品が値上がりすれば、資産を大きく殖やせる
可能性がありますが、失敗すると、2度と立ち直れないほどの
大きな損失を被る可能性もあります。

資産や時間を分散して投資をすることにより、リスクを下げる
ことが可能です。

ただし、分散投資は、リスクを小さくする効果がある一方で、
逆にリスクが小さくなる分、リターンも小さくなる可能性が
あります。

「ローリスク・ローリターン」になる可能性もあります。
リスクとリターン

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2686846212858187"
data-ad-slot="7298673541"
data-ad-format="auto">



No.582
関連記事

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

保険FP

Author:保険FP
生命保険、損害保険、社会保険、公的年金、資産運用など、人生100年時代を生きるためのヒントをFP(ファイナンシャル・プランナー)がご提供します!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
スポンサードリンク
フリーエリア
普通預金金利が0.12%になるクレジットカード!?

自動車保険 最大20社 一括見積
FC2カウンター
人気記事ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード